タブレットPCと従来のパソコンの違いを知ろう

パソコンの主流でいられるのかWindowsPC

これまでパソコンを牽引してきたのはマイクロソフト社のWindowsOSであることは間違いないでしょう。まずDOS/Vで知られるパソコンのハードウェア仕様の統一化はメーカーを越えて同じOSを利用できる道を開きました。次にWindowsでユーザーにやさしいGUI操作を可能にしてその間口を広げていきました。WindowsにOSが統一されたおかげでユーザーはMACを除き、どのメーカーから買っても同じ知識で扱うことができる利便性を手に入れました。WindowsPC時代の到来です。しかしここにきてWindowsの優位性が少し揺らいでいます。スマートフォンやタブレットの台頭です。スマートフォンの先駆者と言えばiphoneですが、この機種にはアップルが開発したiOSが搭載されています。それに対抗するようにgoogleが世に送り出したのがAndroidです。どちらにせよスマートフォンの主流はWindowsではありません。

Windowsを使わなくてもiOSやAndroidでインターネットを見たりメールをやりとりしたりという基本的な事は事足りてしまいます。マイクロソフトからはWindows8がリリースされたばかりです。パソコンの主流だったWindowsはここにきて旗色が悪くなってきました。しかしWindowsはこれからスマートフォンやタブレット市場に打って出るようです。これまでのWindows用ソフトという資産がありますから、これらをフルに利用できるスマートフォンやタブレットの登場を期待します。
Copyright (C)2017タブレットPCと従来のパソコンの違いを知ろう.All rights reserved.